MENU

看護のお仕事の種類にはどんなものがあるのか

たとえ同じ会社内であっても、実際の業務が全く異なるというパターンは非常に多いです。

 

また、同じ職種であっても、どんな業務をするかは全く違うというパターンも多く、仕事と
いうものは1つとっても非常に複雑なのです。

 

そしてそれはナ看護職においても同様です。

 

看護のお仕事は、広義的に言えば保険や医療など幅広い範囲に及びます。

 

そして、幅広い範囲で人々の健康のために活動するのが看護のお仕事であり、
定義が幅広いからこそ業務内容も複雑になっています。

 

ナースではたらこなら、幅広い内容の中からベストの職場を探すことができます。

 

ともあれ、基本的には看護のお仕事というと、4つの職種が数えられます

 

まず1つ目は医療に関わり、医師のサポートをしたり、患者の治療を支えたり
する看護師の職種です。

 

そして2つ目は、看護師の仕事をサポートする准看護師と呼ばれる職種になります。

 

続いて3つ目は、助産師と呼ばれる職種であり、これは簡単に言えば妊婦の
体調管理を勤めたり、実際に出産の際には技術を総動員して無事に赤ちゃんが
生まれるまでサポートする仕事になります。

 

はたして最後の4つ目は、保健師と呼ばれる職種です。

 

保健師は文字通り保険に関わる業務を行う仕事であり、老人ホームや学校などを
回って健康診断をしたりするなど、人々の健康を維持すると共に、健康のための
指導をしたりする業務になります。

 

看護師の仕事は、基本的には上記の4つが該当するため、もしも看護職に興味が
あるなら、どの業務がしたいのかしっかり見極めてからナースではたらこに登録しましょう。

 

少なくとも何がしたいのかハッキリしていれば、それに向かって努力できるため、
望む業務内容の看護のお仕事に就くことだってできるのです。

関連ページ

看護のお仕事はどんな内容の仕事をするのか
看護のお仕事は基本的には人の健康に関わるものですが、その働き方は多種多様で、幅広い範囲で人の健康を守るための仕事であると言えます。
看護師の業務の内容のメリットとデメリット
看護師の業務には夜勤や残業が多く、辛いことが多いのは事実です。しかし、人の命を助ける助けになることも多い仕事であり、非常にやりがいがあります。そんな看護師への転職を考えている人は、ナースではたらこに登録をしてみましょう。
准看護師と看護師の仕事の違いは
准看護師は正看護師をサポートすることを役割としていて、就職するのが簡単なために人出を集めやすいなど、現場からしてみるとメリットが多いのが特徴です。
保健師の具体的な仕事と職場は
保健師は多くの人々が健康な日々を送れるように活動するのが仕事で、会社や保健センター、老人ホームなどに出張をして活動をします。
助産師の業務の内容は幅広い
業務内容が幅広いために、社会的に考えて非常に重要度が高いものであり、責任が重い反面、やりがいのあるのが助産師です。