MENU

保健師はどこでどのような仕事をするの?

多くの人は看護職についてたずねると、看護師を思い浮かべるものです。

 

あるいは、ちょっと詳しい人なら准看護師を思いつく人もいますが、一般的
に有名なのはその2つぐらいで、他にはあまり思いつかないものです。

 

ですが、看護職は何もその2つだけではなく、他にも存在します。

 

ナースではたらこは、看護職の幅広い転職を支援してくれます。

 

たとえば、保健師と呼ばれる職業もまた、立派な看護職の1つです。

 

はたして、そんな保健師はどんな看護の仕事をする業種なのかというと、
文字通り人々の健康を助けるために保健活動を行う仕事となります。

 

具体的には、保健センターなどに勤めて子供の健診を行ったりする他、
母親のための学習セミナーを開いたりするなどの看護の仕事を行うことになります。

 

他には、生活習慣病予防のための対策方法などについて講習したりなど、
多くの人々が健康な日々を送れるように活動するのが保健師なのです。

 

また、働く人のために会社などに出向いて健康診断をしたり、必要なら
健康のための指導をしたりするのも保健師の役目です。

 

さらには、老人ホームなどの介護施設に出張して、様々な取り組みを行うこともあります。

 

このように、保健師という看護の仕事は、地域住民の健康のことを考えて、
対策方法を教えたり、健康診断をして健康維持ができているかをチェックするなど、
健康な人を病気から守ることを目的としたものとなっています。

 

そのため、看護師などのように病院で出会うことはありませんが、日常生活において
何気なく出会う機会が多い職種であり、より生活に密接に関わっている看護職であると言えます。

 

保健師の資格を持っている人は、それを活かしてできる仕事をナースではたらこ
に登録して探してみましょう。

関連ページ

看護のお仕事はどんな内容の仕事をするのか
看護のお仕事は基本的には人の健康に関わるものですが、その働き方は多種多様で、幅広い範囲で人の健康を守るための仕事であると言えます。
看護のお仕事にはどんな種類があるのか
看護のお仕事には大きく分けて4つの職種があり、仕事の内容も異なります。ナースではたらこで自分が希望する職種への転職ができるように準備をしましょう。
看護師の業務の内容のメリットとデメリット
看護師の業務には夜勤や残業が多く、辛いことが多いのは事実です。しかし、人の命を助ける助けになることも多い仕事であり、非常にやりがいがあります。そんな看護師への転職を考えている人は、ナースではたらこに登録をしてみましょう。
准看護師と看護師の仕事の違いは
准看護師は正看護師をサポートすることを役割としていて、就職するのが簡単なために人出を集めやすいなど、現場からしてみるとメリットが多いのが特徴です。
助産師の業務の内容は幅広い
業務内容が幅広いために、社会的に考えて非常に重要度が高いものであり、責任が重い反面、やりがいのあるのが助産師です。