MENU

夜勤は白衣の天使にとって重要な業務の1つ

世の中というものは何が起こるか分からないものです。

 

まして怪我や病気で入院しているなら、ますます何が起こるか分からないものです。

 

もちろん、入院しているのなら医師や白衣の天使がいるため、よほどのことがない
限りは何とかなります。

 

しかしながら、そんな医師や白衣の天使でも、さすがに夜中となると対処できる
とは限らないわけであり、決して油断できないのです。

 

はたして、そんな夜の患者の世話や対応を担当する勤務のことを夜勤と呼びます。

 

文字通り夜に勤務するわけであり、変則的な仕事を任されることになるのが特徴的です。

 

病院によっては夜勤をしていなかったりすることもありますし、また雇用形態によっては
夜勤は対象外になることもありますが、それなりに大きい病院の白衣の天使として働く
のであれば、高確率で夜勤を経験することになるため、もしも白衣の天使に興味が
あるなら覚悟しておくべきです。

 

ナースではたらこなら、夜勤のない職場を探すことも可能です。

 

はたして、夜勤を勤める場合においてやるべきことはというと、主に患者の
容体のチェックがメインです。

 

適度に患者を見て回って、異変が起こっていないことを確かめることは
非常に大切なのです。

 

また、患者に何かあった際に、ナースコールを受け取り、適切な処置をすることも
夜勤の仕事となります。

 

そしてまた、夜が明けた後の、朝の食事の世話や採血やバイタルチェックなどの
仕事も夜勤の仕事となります。

 

このように、白衣の天使の夜勤は患者が寝静まっているから暇そうだと思うかも
しれませんが、実際にはやるべきことは山ほどあるため、むしろかなり忙しくなる
可能性が高いのです。

 

ナースではたらこで、夜勤の詳細もしっかりと確認し、後悔のない転職をしましょう。

関連ページ

白衣の天使という職業の特徴を知ろう
白衣の天使は、昔から女性が活躍する職業なだけあって、女性が働きやすい環境が整っているので、女性が目指す職として非常に高い人気があります。ナースではたらこに登録をして、希望の条件に合う職場を見つけましょう。
白衣の天使の種類にはどんなものがあるの?
白衣の天使には4つの種類が存在し、仕事の内容がそれぞれ異なります。昔から女性が活躍する職場の代表であることに変わりはありません。
白衣の天使が任される業務の内容は
白衣の天使は医者のサポートだけでなく、必要なデータ集めや患者の往診、電話対応などの事務仕事をすることも業務の内容です。
白衣の天使の仕事はどれ位忙しいものなのか
白衣の天使は、医者のサポートをはじめとして患者の世話や指導の他、事務作業や受付業務も担当することがあり、とても忙しいものです。